カテゴリ:
ブログネタ
ゲイ&ビアン に参加中!

先週はとても久しぶりに2日連休でお休みだったのに,1回しか外に出ず(しかもコンビニ),部屋でずっとぐて〜ってしていました。

青年彼氏に連絡をしたら風邪だとよ,一著前に。

てなわけで,夜中の2時くらいからCATVで放映していた「覇王別姫」を鑑賞,てか長かった〜。気づいたら5時ですよ。すでに外が明るいでやんの。

中国の1900年代からの歴史をはっきり知らないから,どんな時代背景にあって,なんで途中から京劇がダメダシをくらうのか,理由がわからなかったんだけど・・・エンターテイメントを楽しむのにやっぱりある程度の教養って大事よね。

それにしてもレスリーチャンのオカマっぷり。素敵よ姐さん。ただ席を立って歩き去っていくシーン一つとっても,動きがもう。てか本当はもっとさらっとした人だったんだろうな。立ち振る舞いから醸し出すオーラ,創り出される雰囲気。やっぱ只者じゃなかったね。生きていてもっといろいろな彼の芝居が見たかったよ。やっぱりもう一回「ブエノスアイレス」見たいな〜。

京劇の世界観はとても華やかでそして切ないね。このメインで演じられている「覇王別姫」に限るのかもしれないけど。二人が演じている京劇のシーンはもっと見たかったよ。バックの京劇で使われる音楽が順調に気持ちを盛り上げますね。

レスリーがチャンフォンイーに惚れる姿はまさにゲイがノンケに恋をしてしまった状況にぴったり(もちろん映画のほうがシリアスだけど)。そこにチャンの嫁役コンリーも出てくるから(またこのオンナが曲者なんだ),ノンケ相手にハカナイ恋愛をしちゃった人にしてみれば自分とカブル部分もあるかもね。